施術の痛み

代表的な痩身方法の痛みの程度と、痛みへの配慮をしている横浜の痩身クリニックを紹介します。

痩身クリニックの施術中の痛みについて

クリニックでの痩身方法として代表的なのが、脂肪吸引、BNLS注射、投薬(ゼニカル)ですが、気になるのが施術中の痛みです。ここではそれぞれの痛みの程度について解説していきます。

脂肪吸引の痛みについて

脂肪吸引は、細い管状の器具を使って直接、脂肪を取り除く方法です。そのため、高い効果が得られますが、痛みを強く感じることも多いようです。

施術中は、麻酔が効いているので痛みはほとんどありませんが、脂肪層を傷つけられたことによって炎症反応が起き、術後に麻酔が切れると痛みを感じます。

この痛みは人によって感じ方が異なりますが、筋肉痛に似た痛みだと言われています

とくに痛むのは術後3日間で、2週間ほどで強い痛みは引き、1カ月後には気にならなくなるようです。

また、クリニックの麻酔のやり方によっては、麻酔の注入の際に痛みを感じる場合もあります。

脂肪吸引の痛みに配慮してくれる横浜の痩身クリニック

THE CLINIC YOKOHAMA
特徴 THE CLINIC画像
THE CLINIC公式サイト
ベイザー脂肪吸引をメインに使用。ベイザー脂肪吸引は、脂肪細胞だけを遊離させ、刃のないカニューレで吸引するため、線維組織を傷つけず、内出血や炎症のリスクを抑えることが可能です。

BNLS注射の痛みについて

BNLS注射は、脂肪吸引と比べて効果は劣りますが、痛みは少ないというメリットがあります。

注射ですから針を差す痛みはありますが、チクッとする程度。薬剤を注入するときにも痛みがあるようですが、普通の注射の痛みと変わりはないようです。

BNLSの痛みに配慮してくれる横浜の痩身クリニック

A CLINIC
特徴 A CLINIC画像
A CLINIC公式サイト
内出血や痛みを緩和させる効果のある特殊針を無料で付けてくれます。針を差す痛みも避けたいという場合には、表面麻酔や笑気麻酔(別途有料)を使用することもできます。

ゼニカル錠の痛みについて

ゼニカルは飲み薬なので、服用の際の痛みはありません。ただし、効果が低く、副作用として下痢が起こることが多々あります

まれに、肝臓障害や腎臓障害、胆石症などが起こることがあり、身体のだるさや背中の痛み、腹痛、などの症状があらわれたときには注意が必要です。

ゼニカル錠の痛みに配慮してくれる横浜の痩身クリニック

大塚美容形成外科・歯科 横浜院
特徴 大塚美容外科画像
大塚美容外科公式サイト
食事で摂取した油分の約30%をカットしてくれるので、油分や脂肪が多い食事が好きな人におすすめです。ゼニカルを飲んでいる間は、脂溶性ビタミン類を補助したり、繊維性の高い食事を心がけるようにします。